男女

結婚指輪にハワイアンジュエリーを買おう【購入店の決め方とは】

受け継がれるジュエリー

ウェディング

ブライダルリングに最適

ハワイアンジュエリーの歴史は古く、19世紀にハワイ王朝のリリウオカラニ女王が、親交のあったイギリスの王子を悼み、「永遠なる想い」という文字を彫り込んだバングルを作らせたことが発祥だと言われています。ハワイアンジュエリーは、ハワイアン・エアルーム・ジュエリー(先祖代々受け継がれる家宝)として、現代でも親から子へと受け継がれているジュエリーです。日本では結婚指輪にハワイアンジュエリーを選方が増えています。ハワイアンジュエリーの特徴である自然をモチーフにしたデザインには、ひとつひとつに意味が込められています。代表的なモチーフとしては、ホヌやプルメリア、マイレの葉、スクロールなどがあります。海の守護神として大切にされてきたホヌ(ウミガメ)は、海での災いから身を守るという意味が込められています。また、家族を守ってくれるお守りとして結婚指輪のモチーフにも選ばれています。白い可憐な花びらが美しいプルメリアは、女性の守り神としてレイや髪飾りに使われている花です。大切な人の幸せを願うという意味が込められており、女性への贈り物として人気があるデザインです。マイレの葉はハワイの神事で使用されている神聖の葉で、絆を強く結びつけるという意味があり、ハワイの結婚式では必ず使われています。スクロールとは波のことで、途切れることのない愛という意味があります。込められた意味からスクロールをモチーフにした結婚指輪は人気があります。ハワイアンジュエリーには、自然へ感謝する思いや家族や恋人、友人を大切にする気持ちが込められており、一生の思い出となる結婚指輪にぴったりのジュエリーです。