男女

結婚指輪にハワイアンジュエリーを買おう【購入店の決め方とは】

ハワイの歴史あるリング

花嫁

二人のオリジナルリング

ハワイアンジュエリーは、親から子へと代々受け継いでいく家宝という意味があるため、新たな家庭を築く始まりとなる結婚指輪に最適なジュエリーといえます。日本でもハワイアンジュエリーの人気が高まっているため、オリジナルの結婚指輪を製作できるブランドも多数あります。オリジナルのハワイアンジュエリーの結婚指輪を作るにあたって、最初に決めなくてはならないのは素材です。一般的なプラチナや、イエローゴールド、ピンクゴールド、ホワイトゴールドなど、カラーと素材は様々なので、デザインをイメージしながら選びましょう。次に決めるのはリングの形状です。ハワイアンジュエリーのリングには二つの形があり、ひとつは「フラット」と呼ばれる表面が平らなスタンダードな形です。もう一つは「バレル」と呼ばれる形で、表面に丸みがあるデザインです。最近はバレルの形状のリングが人気となっていて、表面に施す彫りの模様がより綺麗に見えて高級感があるためよく選ばれています。リングの形が決まったら、いよいよデザインを考える工程です。ハワイアンジュエリーの彫りの模様にはそれぞれ意味が込められているので、二人の想いと重ね合わせて考えていきましょう。例えば、「マイレ」と呼ばれる葉っぱの模様には、「聖なるつながり」という意味が込められていて結婚指輪にもぴったりです。また、「プルメリア」と呼ばれる花の模様は「幸せを運ぶ守り神」という意味があって、二人の結婚生活が幸せなものになるようにという意味を込めて結婚指輪にも選ばれています。主なデザインが決まったら、縁のデザインを選んで完成です。内側にも刻印を彫ることができるので、ハワイ語で家族を意味する「Ohana」や、大切な人を意味する「Kahiwa」など、オリジナルのデザインを入れて、世界に一つだけの素敵な指輪を作りましょう。